目元のシワはセルフケアで改善できる

奥深くまで浸透

シワを改善するために

婦人

化粧水を使う

目元にシワができる原因の1つに乾燥があります。肌が乾燥することで、シワが目立ちやすくなるのです。そのシワを目立たなくするためにも、化粧品を使い水分を補給しておき、常に保湿されている状態にしておくことが望ましいです。

コットンを活用しよう

コットンに化粧水を付け、目元に付けておきましょう。これは、パッチなどを所持していない時の代わりとしては打ってつけの方法です。目元に化粧水を浸透させるようなイメージでしばらく放置しましょう。長時間貼り付けてもあまり効果がないので適度な時間を設定して行なうと良いです。

クリームも使う

気になるのは、目元のシワだけではありません。ほうれい線や口元のシワも気になるポイントです。化粧水だけでは、物足りないと感じる人は、クリームも使っていきましょう。クリームは水と油で構成されています。ですから、保水力が高いのです。シワ対策には持ってこいのアイテムといえるでしょう。

シワ用の美容液を活用する

美容液にはシワ用のものが存在します。シワ用の美容液には、コラーゲンやエラスチンという成分が含まれているのです。これらの成分は、シワに効果的とされているものであるため、長期的に使用することによって、全体的にシワを目立たなくさせることができます。

シワに関してみんなが持つ疑問や悩み

まだ10代なのですがシワが目立つ気がします。

10代であれば、肌も潤っており、コラーゲンもあるのでシワが目立つことはないと考えられます。しかし、骨格が原因でほうれい線のシワが目立つということは珍しくありません。若くしてシワが目立つというのであれば、恐らく骨格的な問題が潜んでいる可能性が高いといえるでしょう。

まだ24歳なのに目尻のシワが目立ち困っています。

20代前半で目尻のシワが目立つ場合は、乾燥が原因かもしれません。乾燥によって小さなシワができることはよくあることです。特にお風呂上がりには、肌が乾燥しやすくなっています。目尻は皮膚が非常に薄いため、乾燥だけでシワができやすいのです。ですから、風呂上がりは保湿を心がけましょう。

年齢も若く、骨格や乾燥という問題がない場合でもシワができますか?

できます。表情ジワというものがあり、これは笑った時に、顔にシワができてしまったものです。よく笑う人は、目元にシワができることがあるので、気をつけたいところです。しかし、このシワは決してマイナスなポイントだけではないということも心に留めておきましょう。

シワのタイプについて教えてください。

シワには浅いシワや深いシワ、表情によるシワの3つがあります。この3つのシワにはそれぞれ特徴があります。浅いシワは乾燥によるもので、一時的なものです。深いシワは、主に加齢が原因でできるものとされています。表情シワは、表情を変えることによってできたシワです。

頬にシワができてしまい困っています。

頬にできる深いシワは加齢が原因であることが多いです。もしくは、生活習慣の乱れからきていると考えられています。このシワを改善するためには、生活習慣を見直すこと、テチノールやビタミンC、ナイアシンなどの成分が配合されている化粧品を使うことなど自分で対策を考えて行動することが大切になります。

広告募集中